正しいオナニーのやり方知ってる?他人に相談しづらい男の悩みを解決します

正しいオナニーのやり方知ってる?他人に相談しづらい男の悩みを解決します

物心ついた時から、何となく自己流でやってる人が多いオナニー。
実は「正しいやり方」があるって知ってましたか?

気持ちよさを追求するあまり、間違ったやり方でオナニーしている男性は結構いるんですよね。

正しいやり方でオナニーすれば、ペニスのトレーニング効果も期待できるんです。

この記事では、他人には相談しづらい正しいオナニーの仕方を解説していきます。

オナニーは気持ちよければいい?

間違ったやり方は危険

「オナニーなんて気持ちよければ何でもいい」と思っている人も多いでしょう。

しかし間違ったやり方を続けていると、勃起障害や射精障害の原因になるんです。

足ピンオナニーや床オナニーなど、セックスとはかけ離れた刺激をペニスに与え続けるのはオススメしません。

「正しいやり方」を押さえた上で、自由にオナニーを楽しみましょう。
それだけでペニスを鍛えることにも繋がるので、快楽とトレーニング効果が得られて一石二鳥ですよ。

正しいオナニーのやり方

ペニスのトレーニングと言えば、チントレやサプリメントの摂取など色々ありますが、最も簡単に行えるのが「正しいオナニー」です。

オナニーの仕方を見直すだけで、ペニスのコンプレックスを解消できる可能性があります。
特に早漏や遅漏に悩んでいる人は、しっかり正しい方法をチェックしてください。

これからご紹介する4つのポイントを押さえて、オナニーに取り組みましょう。

リラックスした姿勢で行う

リラックスした姿勢で行う

正しいオナニーは、リラックスした姿勢で行いましょう。

体が緊張した状態で射精するのがクセになると、セックスでイケない「膣内射精障害」を引き起こす原因になります。

  • オナニーする時は足を伸ばしきらない
  • 横になってするよりもあぐらなど座った状態がベター

以上の点を念頭に置いて、あなたの体が最もリラックスできる姿勢でオナニーをしてください。

アダルトコンテンツはほどほどに

アダルトコンテンツはほどほどに

オナニーのオカズとして用いられるアダルトコンテンツ。
オカズ探しに時間をかけるのもオナニーの醍醐味ですが、ほどほどにしましょう。

男は、視覚刺激に影響を受けやすい生き物です。
過激なアダルトコンテンツをオカズに射精する習慣が身に付くと、早漏や遅漏の原因になりやすいんですよね。

  • アダルトコンテンツに頼らず想像力だけを使って勃起する
  • フィニッシュ直前までアダルトコンテンツは視聴しない

アダルトコンテンツを使ったオナニーに制限を加えて、正しい仕方を習慣付けてください。

オナニーグッズを使用する

オナニーグッズを使用する

正しいオナニーでは、グッズを使用して適切な刺激をペニスに与えましょう。

ペニスに負荷をかけ過ぎる「強グリップ」や「床オナニー 」は、多くの男性がやってしまいがちな間違ったやり方。
こうしたオナニーは、膣内射精障害や不妊の原因になり得るんですよね。

「どのくらいの強さでペニスを刺激していいのか分からない」そんな人にオススメなのが、オナニーグッズです。

TENGA社が販売しているオナホールは、膣内に近い快感を再現しているので、安心安全にオナニーを楽しむことができますよ。

【参考】

TENGA HEALTHCARE|ONLINE STORE

手で刺激する時は握り過ぎない

手で刺激する時は握りすぎない

「グッズを買うのは恥ずかしい」「お金がない」という人は、手で刺激する際に握り過ぎないように注意しましょう。

気持ちいいオナニーを追求していると、いつの間にかペニスを強く握り過ぎていた…というケースが非常に多いです。
しかし強グリップのオナニー は、射精障害の原因になる間違ったオナニー。

安全に気持ちいいオナニーをするために、ペニスは握り過ぎないようにしてください。

握り方のコツは、亀頭のカリ部分の外周に合わせて指で輪っかを作ること。

ストロークした際に、カリ部分にのみ刺激が加わるくらい緩めに握るのがベターですよ。

もっと刺激が欲しい人のための安心・安全なオナニーを紹介

正しいオナニー は、間違ったやり方に比べて「低刺激」です。
そのため、強い刺激に慣れてしまった人はなかなかイケない可能性が高いんですよね。

その点でグッズを使用するオナニーは、間違ったやり方の刺激とはまた違った強い快感を得ることができるのでオススメです。

加えて、これからご紹介するちょっと変わった刺激が得られる安心・安全なオナニーもぜひチャレンジしてみてください。

脳イキオナニー

脳イキオナニー

「正しいオナニーでは刺激が足りない…」そんな人には、「脳イキオナニー」がオススメです。

脳イキオナニーとは、ペニスに刺激を与えずにオーガズムを得る自慰行為のこと。
本来なら、性的刺激によって快感が最高潮に達した時に迎えるオーガズムですが、脳イキはこうした段階を踏みません。

雷に打たれたように、射精時の快感が突然やってくるんです。

普段のオナニーでは、絶対に味わえない強烈な快感を得ることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

やり方を応用すれば、セックスでも実践することができますよ。

脳イキをしたい人もさせたい人も必見!究極のオーガズムの方法とコツを紹介

セルフフェラ

 

セルフフェラ

自分で自分のペニスをフェラする「セルフフェラ」は、究極のオナニーと言っていいでしょう。

多くの男性が一度はチャレンジしたことがあるだろうセルフフェラ。
実はコツを掴めば、意外と簡単にできるんですよね。

ポイントは、「いかにペニスを顔の近くまで持っていくことができるか」ということ。

仰向けになった姿勢からチングリ返しをすると、ペニスと顔の距離が一気に近づきます。

セルフフェラができなくても、チングリ返しの姿勢をしている自分の醜態が興奮を掻き立ててくれます。
アダルトコンテンツを見なくても、興奮を高めることができますよ。

セルフフェラが成功すれば、さらに射精時の快感が高まるでしょう。

やり方だけでなく、正しい頻度も心がけよう

「正しい仕方でオナニーしていても、何だか調子が悪い…」そんな人は、オナニーを頻度を見直す必要があるかもしれません。

オナニーの頻度による健康効果は、メディアによって様々。
「何回しても害はない」「週に2~3回が医学的に良い」など、いろんな情報で溢れているんですよね。

結論を言えば、オナニーの正しい頻度はかなり個人差があります。
そのため、一概に「このくらいの頻度でオナニーすれば良い」とは言えないのが実情です。

しかし当サイトでは、まずは「1週間に1回のオナニーを目安にする」ことを推奨しています。

正しいオナニーまとめ

正しいオナニーのやり方を解説してきました。

ポイントを押さえてオナニーをすれば、気持ちいいだけでなくペニスのトレーニングにもなります。

今まで強い刺激に慣れていた人は、正しい仕方では物足りなく感じるかもしれません。
ですがグッズの活用や脳イキオナニーなど、新しい刺激を取り入れて習慣にしていってください。

自身の性習慣を見直して、安心安全にオナニーを楽しみましょう。