我慢汁で妊娠することはある?効果的な避妊方法もご紹介

我慢汁で妊娠することはある?効果的な避妊方法もご紹介

我慢汁は、男性が興奮したときに尿道口から分泌される透明な液体のこと。

ネット上には「我慢汁でも妊娠の可能性がある」「射精しない限り妊娠はしない」など、情報が錯綜しています。

そのため実際のところ、我慢汁で妊娠する可能性があるのか分からないという人が多いんじゃないでしょうか。

そこでこの記事では、安心してセックスを楽しめるように我慢汁の謎を徹底的に解説していきます。

記事の最後には、オススメの避妊方法も紹介しているので併せてご覧ください。

我慢汁で妊娠することはある?

我慢汁そのものに精子は含まれていない

我慢汁に、精子は含まれていません。

そのため理論的に言えば、我慢汁だけで妊娠する可能性はありません。

しかし「射精しなければ妊娠しない」とは言えないんですよね。

ただ、ガマン汁が出てくるということは、射精が近づいているサインです。
その状態でコンドームをつけずにセックスをすると、完全に射精してしまわなくても、少しずつ精液が尿道の方に染み出してくることがあります。
こうなると妊娠する可能性が出てきます。

引用:ガマン汁で赤ちゃんはできるのか?|セイシル

我慢汁は、射精の前段階に分泌されるものです。
我慢汁が出るということは、いつでも射精できる状態ということ。

そのため「我慢汁だったら妊娠しないでしょ」と気を抜いていたら、突然射精してしまったり、微量の精液が尿道の方に染み出してくる危険性があるワケ。

結果、「我慢汁に精液が含まれている」リスクが考えられるんですよね。

安心してセックスをするために、我慢汁でも妊娠する可能性があることを理解しておきましょう。

指に付着した我慢汁で妊娠するって本当?

もし我慢汁に精液が含まれていたとしても、指に付着した我慢汁が原因で妊娠することはまずありません。

受精は、膣奥に位置する子宮をさらに越えた卵管で行われます。
精子は、そこまでたどり着かないと受精は起きないワケです。

我慢汁が付着した指を膣に入れたとして、そこに生息していた精子が卵管までたどり着き受精する可能性は極めて低いです。

ただ医学的に可能性は0とは言えません。

しかし指に付着した我慢汁で妊娠することは、現実的に考えてほぼ0と言っていいでしょう。

同様に、コンドームの外側に付着した我慢汁で妊娠する可能性も極めて低いですよ。

コンドームはいつ付ければいい?

コンドームを装着するタイミング

避妊道具の中でもっとも有名なコンドーム。

「妊娠したくない」なら、挿入前に必ずコンドームを着用しましょう。

我慢汁でも妊娠する可能性は0ではありません。

安心してセックスを楽しみたいなら、挿入前のタイミングがマストですよ。

我慢汁の役割

我慢汁の役割

そもそも我慢汁の役割とは、一体なんなのでしょうか。

我慢汁の正式名称は、カウパー腺液。
実は、受精するために非常に重要な役割を担っているんです。

ガマン汁は、尿道球腺(カウパー腺)液といい、射精の前に尿道に分泌されます。
尿道はおしっこで酸性に傾いており、酸に弱い精子を守るため、アルカリ性のカウパー腺液が分泌され、尿道がアルカリ性になります。

引用:ガマン汁で赤ちゃんはできるのか?|セイシル

我慢汁がなければ、精子は尿道の途中で死滅してしまいます。

精子を守り、健康な状態の精液を放出するために我慢汁は必要不可欠なワケです。

我慢汁は、射精するための準備を整えてくれます。

もし妊娠目的のセックスなら、我慢汁が出始めたら挿入の合図。
逆に避妊したいなら、挿入前のコンドームを徹底してくださいね。

妊娠を回避する避妊方法4選

妊娠を回避する方法は、コンドームだけではありません。

ここではコンドームを含む4つの避妊方法を紹介していきます。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説していきますよ。

コンドーム

コンドーム

日本で最も利用されている避妊方法が、コンドームの着用です。

日本の避妊方法の実態を一般社団法人日本家族計画協会の調査を踏まえて、検証してみましょう。2016年の避妊方法別の回答(複数回答可)では、

第1位:コンドーム 82.0%

引用:日本の避妊方法から考える|公益財団法人ジョイセフ

コンドームのメリットは、何と言っても手軽さ。
コンビニや通販で手軽に購入できることから、もっとも利用しやすい避妊用具と言って間違いないでしょう。

しかしそんなコンドームにも、いくつかのデメリットがあるんです。

  • 保存状態が良くないと、途中で破れる恐れがある
  • サイズが合ってないと、途中で外れる恐れがある
  • 挿入前から正しく装着しなければ、妊娠リスクが高まる

コンドームには、正しい保存方法やサイズがあります。

それらを守らないと、避妊具として正確に機能しない恐れがあるんですよね。

コンドームは、用法を守って正しく着用しましょう。

●参考記事:コンドームの使い方|PILCON

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは、女性主体の避妊薬です。

正しいタイミングで服用すれば、約99.9%避妊の効果が期待できます。

またピルには、女性ホルモンを調整する働きもあるので生理不順や生理痛の緩和も期待できる優れもの。

しかし低用量ピルは、医薬品なのでクリニックで処方してもらわないといけないという手間がかかるんですよね。

ネット上には、個人輸入のピルが出回っていますが、ニセモノの可能性が高いのであまりオススメはしません。

個人輸入(通販)の低用量ピルにはニセモノが紛れており危険です。個人輸入(通販)で1シート2000円以下の場合には、まずニセモノと考えてよいでしょう。

引用:国内最安!安全な低用量ピルのオンライン診療(通販)について|CLINIC FOR

最近では、対面じゃなくてもピルを処方してもらえる「オンライン診療」を導入しているクリニックもあります。

高い避妊効果が期待できるので、ぜひ服用を検討してみてください。

アフターピル

アフターピル

アフターピルは、避妊に失敗した場合に服用する避妊薬です。

性行為から72時間以内に、1錠服用することで妊娠を防ぐことができます。

排卵前の卵胞期に使用することによって正常な排卵を抑制することが分かっており、約80%の女性が5日間以上避妊効果が続き、アフターピルを内服してから5~7日間は排卵がなくなります。この期間の間に性器内に侵入しているすべての精子が受精能力を失うため、妊娠を成立させないという効果が見られるのです。

引用:アフターピルを処方してもらうには?100%避妊できるの?副作用や費用について、医師が解説します。|CLINIC FOR

排卵を防ぐことで、受精する可能性を遮断するワケですね。

性行為から飲むタイミングが早いほど、避妊率は高まります。

こちらの薬も、個人輸入ではなくクリニックで正規の商品を処方してもらいましょう。

IUD(子宮内避妊具)

IUD(子宮内避妊具)

IUDは、子宮内に専用の小さな器具を装着する避妊方法です。

IUDは一度装着すれば数年にわたり継続的な効果が期待できるため、出産経験があり、長期の避妊を望む女性に適します。

装着する費用は、だいたい2~40,000万程度。
点検や除去の際にも、追加で費用がかかります。

一度装着すれば2~3年は避妊効果が継続するので、コスパは悪いワケではありません。

定期的な点検が必要ですが、ピルのように飲み忘れるリスクがないのも魅力ですね。

ただ生理時の経血量が多くなるデメリットが考えられます。

また考えが変わって半年くらいで装着を外したくなれば、コスパは悪くなってしまいますよ。

我慢汁でも妊娠する可能性はある!避妊をして安心のセックスライフを送ろう

我慢汁には精子は含まれません。

しかし「中出ししないから」と言って、生で挿入すれば、精液が尿道から染み出てくるリスクがあります。

そのため我慢汁が出てるだけでも、妊娠する可能性は0ではありません。

望まない妊娠を避けるためにも、必ず我慢汁が出る前から避妊をしっかりしましょう。

正しい知識と避妊方法を知って、安心のセックスライフを送ってください。