男の潮吹きをしてみたい!超絶快感を得られるやり方や注意点をご紹介

男の潮吹きをしてみたい!超絶快感を得られるやり方や注意点をご紹介

「男の潮吹き」どんな現象なのか気になりますよね。

潮吹きと聞くと、女性の専売特許だと思っている男性は少なくありません。

しかし実は、女性と同じように『男も潮を吹く』んです。

この記事では、男の潮吹きのやり方と注意点について詳しく解説していきます。

男の潮吹きとは

そもそも潮吹きによって体外に放出される液体は、「スキーン腺液」と呼ばれます。

スキーン腺は女性にしかない器官ですが、男性の前立腺と相同すると言われているんですよね。

スキーン腺は、細胞と組織の構造と機能が、男性の前立腺に類似していることが分かっています。ちなみに、スキーン腺と前立腺の主な違いは、男性の前立腺はほとんどが完全な形で存在するのに対して、女性のスキーン腺は、大きくよく発達したスキーン腺をもつ女性もいますが、ごく小さなスキーン腺がある女性や、全くスキーン腺が存在しない女性も多くいるなど、個人差が大きいことです。

引用:女性のオーガズムとスキーン腺の関係|ゆかりレディースクリニック

このことから、男の潮吹きは「前立腺液」と呼んでも相違ないことがわかります。

スキーン腺に個人差がある女性にとっての潮吹きは、誰もができるものではありません。
対して前立腺が必ずある男性は、医学的に見れば女性よりも潮吹きに適した身体の構造をしているワケ。

コツさえ掴めば、誰でも男の潮吹きを体験できますよ。

「男の潮吹き」は実は商品?

「男の潮吹き」は、『男の潮吹き専門店 回春堂』が開発したオリジナルプレイ。
実は商標登録もされているんですよね。

近年ではAV業界や風俗業界でも話題のプレイとなってますが、この【男の潮吹き】は回春堂グループの【登録商標】であり回春堂グループオリジナルプレイです。

引用:男の潮吹きとは?|ドライオーガズム、男の潮吹き、トコロテン。風俗で体験!男のメスイキ

このことからも「男の潮吹きを売りにして商売ができるほど」、男が気持ちよくなれる行為であることが分かります。

未体験の超絶快感を得るためにも、しっかり男の潮吹きのやり方をマスターしましょう。

男の潮吹きに準備するもの

男の潮吹きを成功させるために、以前準備を整えましょう。

それは、しっかり水分補給をすること。

潮吹きによって放出されるのは、体内に存在する液体に他なりません。
なので体が水不足の場合、うまく潮吹きできないんですよね。

実際AV女優の方は、潮吹きのために大量の水分を撮影前に摂取するそうです。
参考:潮吹きについて教えてあげる♡【唯井まひろ】|まひろにあ帝国|youtube

男も同様。
潮吹きチャレンジをする前は、水分をしっかり補給して準備を整えてください。

男の潮吹きのやり方

それでは、男の潮吹きのやり方を解説していきます。

事前準備をしっかり整えた上で、以下の3つの手順を踏んで潮吹きにチャレンジしてみましょう。

今回は「オナニーで男の潮吹きをする」手順を紹介します。

①普通に射精する

まずは普通にオナニーをして、射精しましょう。

男の潮吹きは、女性と同様いきなりできるものではありません。
気持ちよさの段階を、徐々に踏んでいく必要があるんですよね。

そのために、まずは一度絶頂を迎える必要があります。

一度射精してからが、潮吹きチャレンジの本番と言えますよ。

②射精後の亀頭を重点的に刺激する

射精後に敏感になった亀頭を、重点的に刺激しましょう。

射精したペニスは、刺激にとっても敏感になります。

普通ならここでオナニーは終了ですが、潮吹きをするためにはここからが重要。
敏感になったペニスに、継続して刺激を与え続けてください。

その際は特に敏感になる亀頭を刺激するのがポイントです。

  • 亀頭の先端部分を手のひらで撫でるように刺激する
  • 亀頭を揉み込むように刺激する

亀頭の責め方は様々なバリエーションがあります。

一度射精した後の亀頭を刺激すると、手を止めたくなるほど快感とは違う微妙な感覚に襲われます。

しかしこの苦難を乗り越えて亀頭を刺激し続けた先に、男の潮吹きが待ってますよ。

③尿意に近い感覚を我慢しない

亀頭を刺激し続けていると、「尿が出そう」な感覚が襲ってきます。

普段ならトイレに行くまで我慢する尿意ですが、これこそが男の潮吹きの予兆。
尿意に近い感覚を我慢しないことで、潮吹きに至ることができます。

実は女性の潮吹きも、同様に「おしっこが出る感覚に近い」と言われているんですよね。

おしっこよりも男の潮吹きの水量は多く、黄色ではなく透明の水が放出されます。

体内から大量の水が放出される快感こそ、男の潮吹きの醍醐味ですよ。

男の潮吹きの注意点

ここまでご紹介した「男の潮吹きのやり方」には、注意点があります。

それは、射精後のペニスを刺激する際は焦らずじっくり行うこと。

敏感になったペニスを刺激し続けるのは、快感よりもムズムズした感覚が襲ってきます。
そのため、「早く潮吹きしたい…」と焦ってしまいガチなんですよね。

結果、ペニスを強く刺激し過ぎてしまうリスクが高くなるワケ。

焦ってペニスに傷が付けば、ばい菌が繁殖したりセックスができないほど激痛が走るようになります。

安心安全に男の潮吹きをするために、射精後のペニスへの刺激は焦らずじっくり行いましょう。

オススメしない男の潮吹きのやり方

男の潮吹きのやり方には、オススメしない方法もあります。

それは、シャワーを使ったオナニー。
射精後に敏感になった亀頭をシャワーで刺激することで、潮吹きに至る方法もあるんですね。

しかしこの方法は、セックスとかけ離れた強い刺激を生み出すのでオススメできません。

セックスとかけ離れた刺激に慣れると、性交時の刺激では射精できなくなる危険性があるんですよね。

要するに、「膣内射精障害」という射精障害に陥るリスクがあるワケです。

男の潮吹きは、必ず手を使ってやるのがオススメ。
セックスでも感じられる刺激でチャレンジしましょう。

男の潮吹きまとめ

男の潮吹きは、射精後の敏感になったペニスを刺激し続けることで到達する現象です。

敏感になったペニスを刺激し続けるのは、耐えられないほどの不快感を伴う可能性があります。
しかし、それを乗り越えた先に未体験の超絶快感が待っています!

今回ご紹介したやり方を実践して、ぜひ一度、未知の快感を体験してみてください。