間違ったオナニーはEDや射精障害の原因に!5つのマスターベーションを紹介

間違ったオナニーはEDや射精障害の原因に!5つのマスターベーションを紹介

間違ったオナニーを続けていると、EDや射精障害の原因になります。

オナニーの正解や間違いは、誰かから指摘されることはまずありません。
そのため間違ったやり方が習慣になっている人が多いんですよね。

この記事では、間違ったオナニーとそのデメリットを解説していきます。
最後には、正しいオナニーのやり方も紹介しているのでぜひチェックしてください。

間違ったオナニーのデメリット

間違ったオナニーを続けていると、様々な危険が考えられます。

習慣化したオナニーを変えるのはとても大変。
手遅れになる前に、自身のオナニーを見直しましょう。

①膣内射精障害の原因になる

膣内射精障害の原因になる

間違ったオナニーは、膣内射精障害の原因になります。

マスターベーションでは射精に至るが性行為の際に膣内だと射精ができない状態を膣内射精障害といいます。要因としては、前項の遅漏の要因と重なることが多いのですが、その中でも特に多いのが間違ったマスターベーションによるものです。

引用:射精障害について|浜松町第一クリニック

膣内射精障害は、セックスに大きな悪影響を及ぼすEDの一種。

間違ったオナニーのせいで、満足にセックスできなくなる危険性があるんですよね。

膣内射精障害は、十分にセックスができなくなるので、女性との不仲や不妊の要因にもなります。

②早漏の原因になる

早漏の原因になる

間違ったオナニーは、早漏の原因になります。

オナニーは、一歩間違えると勃起障害や射精障害を引き起こします。
中でも陥りやすいのが射精障害の一つである「早漏」なんですよね。

早漏に陥ると、射精をコントロールできません。
つまり女性を満足させられないまま、セックスが終わる可能性が高くなるワケです。

早漏を引き起こす間違ったオナニーについては、後ほど詳しく解説します。

③ポルノ依存症を併発させやすい

ポルノ依存症を併発させやすい

間違ったオナニーは、ポルノ依存症を併発しやすいです。

ポルノ依存症とは、アダルトコンテンツを視聴しないとイライラしたり物事に集中できなくなる症状のこと。

間違ったオナニーの中には、長時間ペニスをしごき続けるものや過度な刺激を要するものがあります。
そうしたプレイ中には、同じように過激なオカズを求めがちに。

ポルノ依存症は、麻薬よりも依存症状が強いと言う人もいるほど危険な症状。
発症すれば、自力での改善は困難でしょう。

間違ったオナニーとは?

今すぐ間違ったオナニーを見直しましょう。

習慣的に行っているオナニーのやり方が間違っていると、ここまで紹介してきたようなデメリットを引き起こします。

これからご紹介する5つの間違ったオナニーをしっかり押さえましょう。

①足ピンオナニー

足ピンオナニー

足ピンオナニーは、横になって膝を伸ばした状態で射精に至るオナニーのこと。

足ピンオナニーが習慣化している場合は、足を伸ばした状態以外では射精できなくなるため、性行為の際不自由さを感じることになります。足ピンオナニーに近い状態になる体位も少ないため、性行為での射精ができず膣内射精障害につながります。

引用:【動画付き】医師に聞いた!男性必見!EDや膣内射精障害につながる?やってはいけない3つの自慰行為|イースト駅前クリニック

足を真っ直ぐに伸ばすと、太ももに力が入ります。
太ももの筋肉は、射精時に収縮する括約筋と連動しているため、力が入るとオーガズムに達しやすくなるんですよね。

それが癖になると、足を伸ばしていないとイケなくなってしまうんです。

しかしセックスにおいて、足を伸ばしたままできる体位は極わずか。
結果、オナニーではイケるのにセックスではイケない膣内射精障害に陥るリスクが高くなりますよ。

②高頻度オナニー

高頻度オナニー

オナニーの頻度が多過ぎるのも危険。

オナニーの適切な回数は、1日1~2回と言われています。
しかし性欲をコントロールできないと、1日に3回以上のオナニーが日常茶飯事になることもあるんですよね。

そうなると、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

オナニー依存症やポルノ依存症などの精神病の原因になるので、オナニーは適切な頻度に抑えましょう。

またやり過ぎオナニーは、ちんこの黒ずみの原因にもなります。
詳しくは関連記事をご覧ください。

ちんこの黒ずみが気になる。黒くなったアソコの原因と改善方法を紹介

③寸止めオナニー

寸止めオナニー

寸止めオナニーとは、イキそうになったら刺激を止める…を繰り替えるオナニーのこと。

巷では「寸止めオナニーは気持ちいい」と噂されていますが、実は間違ったやり方なんですよね。
というのも、一歩間違えれば多くの危険性が考えられるから。

  1. 射精障害
  2. 前立腺炎
  3. 膀胱炎
  4. 不妊症
  5. 勃起障害
  6. 心臓や体への負担
  7. ポルノ依存症
  8. 不完全燃焼な射精

こうしたデメリットが考えられます。

④すぐに射精するオナニー

すぐに射精するオナニー

すぐに射精するオナニーは、早漏の原因になる間違ったやり方です。

時間がなかったり、家族にバレないように早く射精するオナニーが習慣になっている人は結構います。

しかしそうすると、「ペニスを刺激してから射精するまでの時間」を脳が覚えてしまい、セックスでも反射的にイキやすくなってしまうんですよね。

オナニーの時間は、セックスに大きな影響を及ぼしますよ。

⑤床オナニー

床オナニー

床オナニーとは、ペニスを床に擦り付けて射精するオナニーのこと。

床オナの刺激的な感覚に慣れてしまい、実際の女性のとの行為の時に快感を得られなくなるばかりか、女性の膣の締め付けはオナニー全般よりも緩いので、強い締め付けに慣れて、勃起しない、行為の途中で中折れするなど、膣内勃起不全になって膣内射精障害を発症してしまいます。また、勃起できない事に焦りを感じて心因性のEDを併発する事もあります。

引用:ジェクスセクシャルヘルスサポート

習慣的にオナニーをしていると、より強い快感を求めるようになりガチ。
その結果、床オナニーに辿り着く男性は非常に多いんですよね。

床オナニーで得られる刺激は、女性の膣内よりも強力。
そのためいざセックスになった時に、刺激が足らず膣内射精障害に陥りやすくなるんです。

ペニスに高負荷をかけて行うオナニーは、一切オススメできません。

正しいオナニーのやり方

正しいオナニーのやり方

ここまでご紹介してきた間違ったオナニーを普段している人は、以下のポイントに気をつけて正しいやり方をしましょう。

  • 膝は曲げて行う
  • 1日1回が目安
  • 低刺激で射精する
  • 30分は時間をかける
  • オカズは想像力のみがオススメ

これらのポイントを押さえれば、オナニーによるデメリットの影響はほぼ0。
安心して、オナニーに没頭することができるでしょう。

低刺激でじっくりペニスに刺激を与えるオナニーは、射精コントロールのトレーニングにもなりますよ。

快感のための自慰行為と、セックスのためのトレーニングが同時にできる正しいオナニー。

ぜひポイントを押さえて、今日のオナニーから実践してみてください。

間違ったオナニーまとめ

間違ったオナニーは、続けるとEDや射精障害の原因になります。

記事を読み進めていて心当たりがあった人は、今すぐオナニーのやり方を見直しましょう。

ポイントを押さえれば、ただ気持ちいいだけでなく射精コントロールのトレーニングにもなりますよ。
正しいやり方を実践して、安心安全のオナニーライフを送ってください。