正常位の動き方・コツを紹介!女性が気持ちよくなるセックスの極意とは

正常位の動き方・コツを紹介!女性が気持ちよくなるセックスの極意とは

セックスにおいて最もオーソドックスな体位である正常位。

なんとなく、最初の体位に選んでいる人は多いんじゃないでしょうか?

しかし正常位は、最初に“選ぶべき”必須の体位なんです!

この記事では、そんな正常位についてご紹介。
メリット・デメリット・挿入方法・動き方のコツまで、徹底的にまとめています。

ぜひ最後までご覧ください。

正常位ってどんな体位?

セックスの王道の体位である正常位。
女性人気が最もある体位と言っていいでしょう。

男性主体で動く体位なので、女性は快感に集中しやすいです。

また挿入しながらキスや抱擁もでき、肉体的な快楽だけでなく精神的な快楽も期待できる体位と言えますよ。

正常位のメリット

正常位には、女性にとっても男性にとっても嬉しいメリットが、5つあります。

最高の挿入スタートを切るために、重要なポイントがたくさんあるのでしっかり押さえましょう。

①お互いの顔が見れる

お互いの顔が見える

正常位は、お互いの顔が見れるので女性から人気です。

相手の表情が分かると安心します。

相手の表情が分からないままセックスをし続けるのは、女性にとってストレスになりかねません。
特に最初の挿入の際には、女性に安心してセックスを楽しんでもらうためにも男女が向かい合う正常位がオススメです。

②女性がストレスを感じにくい

女性がストレスを感じにくい

正常位は、女性がストレスを感じにくい体位です。

男性主体で動く体位なので、女性はリラックスして快感に没頭しやすいんですよね。
そのため、余計なストレスを感じにくくセックスに集中できるワケです。

ストレスは、オーガズムの大敵。
正常位は、女性を気持ちよくさせるのに適した体位ですよ。

③挿入の自由度が高い

挿入の自由度が高い

正常位は、挿入の自由度が高いというメリットもあります。

男性主体の正常位は、自分で挿入の角度・深さ・ピストンの速さを自在に調整しやすいんですよね。
そのため、女性の反応を見ながらマイナーチェンジができる小回りの利く体位なワケ。

挿入の微調整をしながら、的確に膣内の性感帯を狙いましょう。

④射精コントロールがしやすい

射精コントロールがしやすい

正常位は、射精コントロールがしやすい体位です。

男性主体の体位なので、自分でピストンのタイミングや深さをコントロールできます。
イキそうになったら、挿入したまま、キスなどの愛撫で気を鎮めましょう。

しかし正常位は腰を動かしやすい体位なので、調子に乗っているとすぐにイク恐れも。
常に自分の体をコントロールする意識で、正常位を実践するのがオススメです。

⑤挿入しながら他の性感帯を責めやすい

挿入しながら他の性感帯を責めやすい

正常位は、挿入しながら他の性感帯を責めやすい体位です。

キスや抱擁だけでなく、首周りや乳房も愛撫が可能。
さらに片手でクリトリスも愛撫ができるので、様々な刺激のバリエーションを生み出せるんですよね。

挿入だけではマンネリ化しやすい正常位も、工夫次第でセックスをより盛り上げることができますよ。

正常位のデメリット

正常位にはデメリットもあります。

と言っても工夫次第でカバーできるものばかりです。

デメリットを理解して、正常位に取り組みましょう。

①マンネリ化しやすい

マンネリ化しやすい

正常位は、マンネリ化しやすいというデメリットがあります。

セックスの定番である正常位は、作業になりガチです。
毎回同じ角度・深さ・ピストンの速さで正常位をしていれば、当然女性もマンネリを感じるでしょう。

マンネリは、セックスの満足度をグンッと下げます。

挿入しながら他の性感帯を刺激したり、挿入角度や深さを変えてアクセントを付け、マンネリ化を防止してくださいね。

②男性側は体力が必要

男性側は体力が必要

正常位で女性を気持ちよくさせるには、ある程度の体力が必要です。

男性が主体となって腰を動かす体位である正常位。
体力がないと、中途半端なところでピストン運動を停止し、女性に不満を与える可能性があるんですよね。

正常位には、女性の反応を見ながら、継続的に腰を動かし続けられる体力がマストです。

③セックスに慣れてないことがバレやすい

セックスに慣れてないことがバレやすい

正常位は、セックスの基礎中の基礎。
そのため正常位の挿入や動き方によって、セックスに慣れてないことがバレやすいです。

バレるとシンプルに恥ずかしいですし、セックスの盛り上がりにも影響しかねません。

次の見出しからご紹介する「正常位の挿入方法と動き方」を実践で使えるように、イメトレをしっかりしましょう。

正常位の挿入方法

正常位の挿入方法

まずは正常位の挿入方法について解説していきます。

正常位は、膣口の位置を目視できるため比較的挿入しやすい体位です。
しかし女性の陰毛の量によって、膣口が見えないケースもあるんですよね。

そうした時に挿入に手間取ったり、間違ってアナルに挿入しそうになったりすればムードは台無し。
そこで、どんな状況でもスムーズに挿入する方法を紹介します。

  1. 亀頭部でクリトリスを優しく擦るように刺激する
  2. 亀頭部をクリトリス中央に押し当てる(少し強く)
  3. 押し当てた状態で、竿部分を上から指で押し下にスライドさせていく
  4. 亀頭部が膣口に引っかかる
  5. 竿部分の根元を指で固定しながら、ゆっくり挿入する

以上の工程を踏めば、間違いなくスムーズに挿入できます。

いきなり挿入するのではなく①②の工程を踏むことで、焦らし効果も期待でき、女性の興奮を高めてくれますよ。

スムーズに挿入できたら、動き方をマスターしましょう。

正常位の動き方・コツ

正常位の動き方を解説していきます。

女性を絶頂に導くセックスを実現するためにも、動き方のコツをしっかり押さえてください。
3つの段階に分けて紹介していきますよ。

①膣奥に圧力をかける

膣奥に圧力をかける

挿入したら、まずはペニスを根元まで入れましょう。
そのあと膣奥にギューッと圧力をかけるようにペニスを押し付けてください。

一番最初に膣奥に圧力をかける理由は2つ。

  • 膣内はペニスの形に時間をかけてなじんでいく
  • 膣奥あるポルチオという性感帯を刺激できる

挿入してすぐに腰を動かすと、膣内とペニスがフィットせず女性に不快感を与える可能性があるんですよね。
挿入後30秒は腰を動かさないのがオススメです。

また膣奥には、ポルチオという性感帯があります。
ポルチオは、敏感でありながら強い快感が得られる性感帯なので、ガシガシ突くのでなく押し付けるような刺激が最適ですよ。

正常位で挿入したら、まずは膣奥にギューッと圧力を加えてください。

②円を描くように腰を動かす

円を描くように腰を動かす

正常位は、出し引きではなく円を描くように上下に動かしましょう。

多くの男性が正常位の腰の動かし方を誤解しています。
ガシガシ突く正常位はAV向けの演出であって、一般女性にとってはあまり気持ちよくないんですよね。

気持ちいい正常位にダイナミックなピストン運動は必要ありません。

ペニスをギュ―ッと膣奥に押し付けながら、亀頭部をポルチオに擦りつけるようなイメージで腰を動かしてください。

円を描くように腰を動かすと、リズムよく女性の敏感なポイントを刺激できますよ。

しかもこの動きは、ポルチオだけでなく下腹でクリトリスも刺激できます。

一つの動きで複数の性感帯を刺激できる動きを、ぜひマスターしてくださいね。

③相手の反応を見ながら挿入具合を調整する

相手の反応を見ながら調整

最後に相手の反応を見ながら、挿入具合を調整しましょう。

ワンテンポで腰を動かし続けると、女性は快感に慣れてしまいます。
相手の反応が薄くなってきたら、【挿入を浅くして、カリでGスポットを刺激する】など快感にアクセントを付けてください。

「刺激に慣れさせない」は、女性を気持ちよくさせるために覚えておきたいポイント。

相手の表情や声を観察しながら、挿入の深さや腰の動かし方をマイナーチェンジしていくのがオススメですよ。

正常位を応用したオススメ体位3選

ここからは、正常位を応用したオススメ体位を3つ紹介していきます。

体位のバリエーションを増やせば、それだけ女性を満足させるための手数が増えますよ。
それぞれの体位のオススメポイントを紹介します。

①深山

深山みやまは、女性の両足を男性の肩に乗せるような形で行う正常位のこと。

そんな深山のオススメポイントは、3つ。

  • 深くまで挿入できる
  • ピストン運動がしやすい
  • 挿入部分がよく見えて興奮度が増す

通常の正常位の場合、女性の太ももが挿入を妨げてしまいます。
しかし深山の姿勢を取ると、太ももの抵抗がなくなり奥までしっかり挿入できるようになるんすよね。

また少し強めにピストン運動をしたい時にも、深山はオススメ。

挿入部分も丸見えなので、女性の羞恥心も刺激できます。

深山は、Mっ気の強い女性が相手の時にぜひ取り入れたい体位ですよ。

②屈曲位

屈曲位は、女性に覆いかぶさった状態で行う正常位のこと。
「種付けプレス」とも呼ばれます。

そんな屈曲位のオススメポイントは、3つ。

  • より深くまで挿入できる
  • 女性の羞恥心を刺激できる
  • 他の体位に移行しやすい

AVではお馴染みの種付けプレスは、見た目通りに膣奥深くまで挿入できます。
さらに女性は大胆な格好を取らざる得ません。

「恥ずかしいけど気持ちいい」そんな快感が、女性をよりエロい気持ちにいざなってくれますよ。

また屈曲位は、他の体位に移行しやすいのも特徴。
スムーズに体位を切り替えて、女性の興奮を持続させましょう。

③松葉崩し

松葉崩しは、ペニスをより深くまで挿入できる体位。
正常位の側位の中間のような体勢になります。

そんな松葉崩しのオススメポイントは、3つ。

  • 深くまで挿入できる
  • 脚ピン状態を自然に作れる
  • 挿入しながら他の性感帯を刺激しやすい

奥深くまで挿入できる松葉崩しは、女性が中イキしやすい体位として有名です。
というのもポルチオを刺激できるだけでなく、女性を自然に「脚ピン」状態にさせることができるから。

脚ピン状態を作ると、下半身に力が入って中イキしやすくなるんですよね。

また挿入をしながら、乳首やクリトリスも愛撫しやすいのも一興。

ただしパートナーの体が硬い場合は、あまり長時間の松葉崩しはオススメしません。
女性の可動域をあらかじめ確認した上で、松葉崩しを取り入れましょう。

正常位まとめ

正常位は、セックスの基本でありながらも奥深い体位です。

女性をセックスで満足させたいなら、正常位のスキルアップは欠かせません。

この記事を参考にして、ぜひ正常位のイロハをしっかりマスターしてくださいね。