ペニスを増大する方法とは?おすすめ順にご紹介

ペニスを増大する方法とは?おすすめ順にご紹介

ペニスを増大する方法を紹介していきます。

「え?ペニスって本当に大きくなるの?」と半信半疑な人も多いでしょう。

結論から言って、“確実に”ペニスを大きくする方法は正直ありません。
しかし継続的に実践すれば、ペニス増大が期待できる方法は本当にあるんです。

今回はおすすめ順に、ペニス増大方法を紹介しているのでぜひ上から実践してみてくださいね。

大きいペニスの基準

ペニスを大きくする方法をチェックする前に、そもそも大きいちんこに基準ってあるんでしょうか。

大きいペニスの基準を決めるために、今回は日本人男性の平均ペニスサイズを参考にしました。

  • ペニス全体の長さ:13.56cm
  • 亀頭の直径:3.53cm
  • 竿の直径:3.19cm

こちらのデータはオナホールで有名な株式会社TENGAさんが、日本人男性50万人のペニスサイズをもとに算出したもの。
高い信憑性が期待できますね。

これらの平均サイズよりも、+1cm以上大きければ「大きいペニス」と言っていいでしょう。

【最新版】巨根の基準は何cm?ちんこが大きい男は女性からどう見られてる?

女性は大きいペニスをどう思っている?

一番気になる女性からの評判。

実際のところ、女性から見て「大きいペニス」ってどうなんでしょうか。

大きすぎるペニスは、女性に何かと負担がかかるのであまり人気がありません。
しかしちょうどいい大きさであれば、様々なメリットが考えられます。

  • 女性の興奮を誘うことができる
  • 膣内の性感帯を的確に刺激できる

どちらも、セックスで女性を満足させるためにとても重要なメリットですね。

現状のサイズがすでに平均サイズを超えていれば、ペニスを大きくする必要は正直ないでしょう。

一方で平均サイズに達していない人は、女性をさらにセックスで虜にするためにも、ペニス増大を図ることをオススメしますよ。

ペニスを増大するのは可能?

効果的な方法に取り組めば、ペニス増大は期待できます。

「確実に大きくなる」と断言できないのは、人間の体には個人差があるから。
「これを飲めば絶対100歳まで生きれるサプリ」がこの世にないように、どんな人にも必ず効く健康法っていうのはあり得ないんですよね。

なので、まずは手軽に実践できる方法から順番に試してみるのが一番おすすめですよ。

いよいよ次の見出しから、ペニスを大きくする方法を紹介していきます。

ペニスを増大する方法をおすすめ順にご紹介!

ペニスを大きくする方法を、手軽さやコスパの観点からオススメ順に紹介していきます。

  1. ペニス増大サプリ
  2. ちんトレ
  3. 包茎手術
  4. 亀頭増大手術
  5. 男性ホルモンの補充

それぞれメリット・デメリットを中心にまとめました。

一つずつチェックしていきましょう。

①ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは、当記事で一番おすすめの増大方法です。

ペニスの成長を促す栄養素がギュッと詰まっていて、効率的に増大にアプローチできます。

毎日決まった量を飲むだけなので、とっても楽。
コツコツ継続的に服用するだけで増大にアプローチできるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

サイズだけでなく、勃起時のペニスの硬さ向上も期待できます。

ただデメリットとして、即効性がない点が挙げられます。
最低でも3ヶ月は毎日飲み続けないといけないので、人によっては効果が現れる前に服用をやめてしまう場合も。

ペニス増大サプリでちんこを大きくするのに向いているのは、こんな人。

  • 体にいい栄養素でじっくり増大を図りたい人
  • 無理せず片手間で増大を図りたい人
  • 安心・安全に増大を図りたい人

こんな人に、ペニス増大サプリはおすすめですよ。

\当サイトでおすすめの増大サプリをチェック/

詳細はコチラ

②ちんトレ

「ペニス増大サプリってちょっと信用できない…」そんなあなたにオススメなのがちんトレです。

公式サイトから購入できるペニス増大サプリに、粗悪品が紛れていることは絶対にありえません。
それでも、なんとなく怪しいイメージってありますよね。

ちんトレは、サプリメントと同様に毎日継続的に実践することでペニス増大を図るトレーニングです。

  1. ペニスを半勃起状態にする
  2. ペニスにローションを塗る
  3. 両手それぞれの親指と人差し指で輪っかを作り、ペニスに通す
  4. 片方の輪っかで根元を固定し、もう片方の輪っかで下から上にペニスをゆっくりシゴく
  5. ④の動きを10回繰り返す

コストはローション代だけなので、ほとんどお金をかけずに増大を図れるのが一番のメリット。

ただサプリメント以上に効果を実感できるまでに、時間がかかるので(個人差アリ!)そこは注意しましょう。

  • できるだけお金をかけたくない人
  • コツコツ努力するのが苦じゃない人

こうした男性にちんトレはおすすめです。

③包茎手術

包茎手術には、ペニス増大効果も期待できます。
正しくは「ペニスが大きくなったように見える」です。

皮を被ったペニスって、みすぼらしく小さく見えますよね

包茎手術でズルムケペニスが手に入れば、それだけでサイズのコンプレックスが解消されるケースは少なくないんです。

包茎手術は、ペニスが大きく見えるようになるだけでなく、清潔感を保てる・見栄えがよくなるなどのメリットがあります。

費用は120,000~400,000円とピンきり。
信頼できるクリニックを受診しないと、医療トラブルに巻き込まれるリスクもあるので注意してください。

④増大手術

亀頭増大手術で、ペニスを大きくする方法です。

亀頭増大は、亀頭の輪郭となる俗に言う「カリ首」の部分を中心に素材を注入し、亀頭を大きくする薬5分の治療です。 亀頭へ素材を注入することで亀頭部の皮膚の厚みが増し、外の刺激に強くなる早漏治療にもなるため、亀頭増大と同時に亀頭強化の効果があります。

引用:亀頭増大・強化術 当院の特長|青山セレスクリニック

ペニスの中でももっとも存在感のある部位である亀頭。
ここを増大すれば、ペニス全体も大きく見せることができるようになります。

ペニスが大きくなるだけでなく、早漏治療にもなる点はメリットといえますね。

ただし亀頭増大は、持続性がない手術が多くコスパが悪いというデメリットがあります。
胸を張ってはおすすめできない方法ですが、一つの手段として念頭においておきましょう。

⑤男性ホルモンの補充

男性ホルモンの補充も、ペニスを大きくする方法として挙げられます。

主に加齢による性機能の低下や筋肉量の減少を改善するために、投与される男性ホルモン。
そもそも、思春期のペニスの成長に大きく関与しているのが男性ホルモン(テストステロン)なので、ペニス増大にも効き目がありそうですよね。

ですが、当サイトではあまりオススメしていません

というのも、男性ホルモンだけ増えてもペニス増大は期待できないから。

ペニス増大サプリのように、【血流促進効果】【成長ホルモン促進効果】などとの相乗効果がないと、ペニス増大は期待できません。

ペニスを大きくしたいなら、ここまでに紹介してきた4つの方法の中から気になったものを検討してください。

ペニスを増大したいなら、サプリメントがおすすめ

いかがでしたでしょうか。

当サイトでは、おすすめ順にペニス増大方法を紹介してきました。

ペニス増大サプリとちんトレは、自力で増大にアプローチできるので、手軽さの点で他の追随を許しませんよ。

増大サプリって一見ハードルが高いですが、口コミや商品サイトのをチェックするだけで案外良質な製品って分かるものなんですよね。

当サイトで取り扱ってる増大サプリを、ぜひ一度チェックしてみてください。