ツボ押しで増大は可能?健康効果とオススメのツボ10つをご紹介

ツボ押しで増大は可能?健康効果とオススメのツボ10つをご紹介

ツボ押しは、多くの健康効果が期待できます。

刺激するツボの位置によって得られる効果はさまざま。
そんな刺激する場所を組み合わせることで、ペニス増大を促す効果も期待できるんです。

この記事では、ペニス増大と関連性が高い10つのツボを紹介していきます。

ツボとは?本当に効くのか

ツボとは?

ツボは、東洋医学において「経穴」と呼ばれます。

経穴は、体内を流れるエネルギーが注がれる場所とされており、刺激することで身体に良い影響を与えるとされているんですよね。

「体内を流れるエネルギー」と聞くと、なんだか疑わしいと感じる人もいるでしょう。
しかしツボは、世界保健機関(WHO)に効用が認められている正真正銘「身体に良いポイント」なんです。

現在、人体内ツボ(経穴)の数は、世界保健機関(WHO)で認められている361個というのが一般的ですが、実際にはそれ以上ともいわれています。

引用:ツボの数|東洋療法学校協会

この記事では、世界保健機関も認めるツボだけを紹介していきますよ。

ツボ押しで増大を促す!

つぼ押しで増大を促す

「ペニス増大が期待できるツボ」があるワケではありません。

いくつかの健康効果が期待できるツボを組み合わせることで、増大にアプローチできるんですよね。

増大には、以下の4つのアプローチが大切です。

  • 血流促進
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 男性ホルモンの分泌促進
  • 自律神経の安定

ペニスは、無数の毛細血管が集まってできています。
そのため、ペニスの血管を「強く・太く・しなやか」に成長させることが、増大において欠かせないんですよね。

効果的なツボを組み合わせて、増大を促しましょう。

増大にアプローチ!10のツボを徹底解説

増大へのアプローチが期待できる、10のツボをそれぞれ解説していきます。

ツボの場所と押し方をチェックして、各箇所1~2分程度、毎日刺激しましょう。

血流促進が期待できるツボ

まずは血流促進が期待できるツボを4つ紹介していきます。

血海けっかい

血海

血海は、膝の上部にあるツボです。
膝蓋骨(膝のお皿)の内側を、指3本分ほど上がったところに位置します。

こちらのツボは血流を促すツボとして、もっとも有名と言っても過言ではありません。
下半身にあるツボなので、ペニスに流れる血液とも強い相関関係が期待できますよ。

太衝たいしょう

太衝

太衝は、足の甲にあるツボです。
親指と人差し指の間で骨が交わるくぼみの部分に位置します。

太衝は胃腸の調子を整えるのに非常に効果的。

胃腸の調子が整うことで、血液の流れの改善が期待できるんですよね。

足つぼは、リラックス効果も得られるので積極的に刺激してあげてください。

百会ひゃくえ

百会

百会は、頭部にあるツボ。
ちょうど頭のてっぺん、中心部に位置します。

百会を刺激すると、全身の血行が良くなり体が楽になりますよ。

シャワーで頭を洗うついでに刺激すれば、効率的に毎日ツボ押しできるでしょう。

足三里あしさんり

足三里

足三里は、膝下にあるツボ。
両脚の外側、指4本分下辺りにあります。

足三里は、「万能養生のツボ」と呼ばれるほど多くの効用が期待できるんですよね。

血流促進のために、ぜひ押さえておきたいツボの一つですよ。

成長ホルモンの分泌を促すツボ

次に、成長ホルモンの分泌を促す2つのツボを紹介していきます。

脳下垂体のうかすいたい

脳下垂体

脳下垂体は、足裏の親指部分に位置するツボです。

足裏は、「第二の脳」と言われるほど体中と深い関わりがある部位なんですよね。
その中で親指は、成長ホルモンが分泌される脳下垂体と連動しているワケ。

刺激することで、成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できますよ。

内分泌ないぶんぴつ

内分泌

内分泌は、耳にあるツボ。
穴下の内側に位置します。

耳は、足裏同様に体中と関りが深い部位です。
ここを刺激することで、成長ホルモンの分泌が促され、ホルモンバランスの乱れにアプローチできるんですよね。

耳は、いつでもどこでも刺激できる部位なのでちょっとしたスキマ時間で積極的に押してあげましょう。

男性ホルモンの分泌を促すツボ

次に紹介するのは、男性ホルモンの分泌を促すツボ。
オススメの2つのツボを紹介します。

三陰交さんいんこう

三陰交

三陰交は、脚下のツボ。
くるぶしの一番高いところから、指4本分上がった位置にあります。

三陰交は、3つの気の通り道が交わっているので押すとかなり痛いです。
あまり長時間刺激するのではなく、1~3秒間ギューッと押す程度で十分ですよ。

男性ホルモンの分泌促進だけでなく、性器と関り深い腎臓の機能向上効果も期待できます。

大嚇だいかく

大嚇

大嚇は、へそ下にあるツボ。
へそを中心に左右、指4本分降りたあたりに位置します。

左と右を同時に、ぎゅーっと指圧してあげましょう。

5秒間の指圧を5セット、毎日やるのがオススメです。

三陰交と同じく性器と関り深いツボなので、男性器障害にお悩みの方は要チェックですよ。

自律神経を整えるツボ

自律神経を整えることで期待できるのは、リラックス効果です。

一見「増大」と関係ないように思えますが、リラックス状態はペニスに流れ込む血液量に多大な影響を与えるんですよね。

自律神経を整え、身体の緊張を解いてくれるツボを2つ紹介していきます。

労宮ろうきゅう

労宮

労宮は、てのひらにあるツボ。
てのひらを広げて、ちょうど真ん中あたりに位置します。

てのひらの血流が悪くなると、自律神経が乱れやすくなります。
そのためしっかり指圧してあげることで、血流を改善し自律神経の調整が期待できるんですよね。

押し方は労宮を中心に、てのひら全体を強めに指圧するのがオススメ。

全身にの緊張が次第に緩まっていく感覚が実感できるハズですよ。

外関がいかん

外関

外関は、手首付近のツボ。
手の甲側、手首から肘に向かって指三本分上に位置します。

外関は、自律神経を整えるツボとしてとっても有名。
気軽に指圧できるツボなので、スキマ時間にいつでも刺激できますよ。

ツボをぎゅーっと強めの指圧で、5秒間ほど刺激しましょう。

ツボ押しの時に便利なグッズを紹介

ツボ押しは、指で押す(指圧)のが一般的。
ですが自力でツボ押しをする場合、どれくらい力を加えればいいのか分からいことがあると思います。

そんな時には、ぜひ便利なツボ押しグッズを活用しましょう。

  • マッサージボール
  • マッサージローラー
  • 経絡ペン
  • ツボ押し棒 など

ツボ押しグッズには、さまざまな種類があります。

物によって、手足のツボ押しに適したグッズや背中周りに適したグッズなど、部位によって使いやすさが異なるんですよね。

効率的に増大にアプローチしたい人は、今回ご紹介した10つのツボすべてに対応するグッズの使用がオススメですよ。

ツボ押しだけで増大は可能?

ハッキリ言って、ツボ押しだけで増大は期待できません。

あくまでも増大のサポートとして考えるのがオススメ。
スキマ時間に、今回ご紹介した10つのツボを刺激してあげましょう。

「指圧だけでは物足りない」「どのくらい力を入れていいか分からない」という人は、ツボ押しグッズも使用するのもアリです。

あなたに合った方法で、ツボ押しで増大にアプローチしてくださいね。